ジョージア2005『歌ジャケ』懸賞にチャレンジ

 

0.懸賞チャレンジのきっかけとこれまでの結果

 

小生が清涼飲料の懸賞にチャレンジするようになったきっかけは、2年前の長女の入院だった。入院中、退屈していた長女と付き添いをしていた小生で、病院で飲んだジョージア缶コーヒーのシールを集めたのがきっかけだった。

このときの商品は、液晶ポータブルDVDプレイヤーをナンバーチャレンジで。病院の人からオレンジ色のシールをもらって送ったが全てハズレ。退院のお祝いとしてゲットしようという目論見は成就できなかった。

次の夏、2004年アテネオリンピックのコカコーラのキャンペーンにチャレンジ。商品はDVD録画・再生デッキ、バイクだったが、これも全然ダメ。

2004年の冬、ジョージアのキャンペーンはホームシアターサラウンドセットを再びナンバーチャレンジ。これも20通くらいは応募したと思ったが、全くダメ。

そして今年の夏のコカコーラのKUMAキャンペーン。薄型液晶テレビに兆戦。約40通のハガキを出すも、これもダメ。唯一、めくって当たりが出るKUMA卓上セットを1つだけ手に入れた。この卓上セットは、ヤフーオークションで1,000円も値がついておらず、総合成績を考えると切手代のほうが高くつく結果となった。(もちろん当たっただけまだましとは思うが)

 

1.『歌ジャケ』にチャレンジ

『歌ジャケ』では、今までとは違い、インターネットでの応募ができるようになった。

これまでハガキを送って見えないところで抽選があっていたので、こっちのほうが「自分の応募どうなったかわかる」し、ハガキ代もかからない。今回の『歌ジャケ』はそう欲しいとは思わなかったが、とにかく自分が納得するための研究テーマとしてチャレンジしてみることとした。

 

ページ

研究室トップページ

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO